logo18.jpg





situmonbana.jpg



時間のない人にも実践できる内容か?簡単か?

今日は、『驚異のゴルフ上達法』を実践する上でどの程度の
時間が必要になるのか?また簡単な方法か?についてお話ししますね。


まず練習時間についてですが・・・


このマニュアルの著者は元ゴルフ研修生です。


ゴルフ研修生というのは芝刈りやグリーンの手入れ、玄関番、
キャディ業務や雑用などで練習時間がなかなか取れないそうです。


ですから、短い時間でいかに効率よく練習できるかという
ことに着目されたそうです。


その結果練習量ではなく、練習の質に拘ったそうです。


なので、このノウハウを実践するにあたり時間のない人でも
効率よく質の高い練習が可能になります。


週1回程度しか練習できないような人でも十分価値のある
練習法を学ぶことができますよ。


また、本当に簡単な練習法なのか?という疑問についてですが
このノウハウにはわかりやすく『スイング理論の核心』について
書かれています。


逆に、僕にとっては巷のゴルフ雑誌や本に書かれていることの方が
難解に思います。


いくつもチェック項目が書いてあり、いざ練習する時にはそれらを
意識するために思ったスイングが出来ません。


倉木さんの『スイング理論』は、複雑ではなくとてもシンプルで
誰でも理解できるように書かれています。


この理論をわかれば、年齢、性別、センス、体力等には
全く関係なく効果が出ると思います。


実際に、僕もこのスイング理論を学んでから練習時に
10球中8球は自分の思った通りに玉が飛んでくれるようになりました。


ですから、あなたも安心してこのスイング理論を学ぶことが出来る
はずですよ。


スイング理論の秘密はこちら>>>


ご質問がある場合はこちらるんるん


デメリットについて>>>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。